素材・製法・焼き方にこだわった




究極のベビーカステラ

ベビーカステラ専門店まる菓子

ベビーカステラは関西地方発祥の伝統ある和菓子です。元号でいうと大正時代にまでさかのぼり、その歴史はなんと100年以上。

現代では電気の機械で焼き上げる洋風なベビーカステラや、中にクリームが入っているものなど様々なアレンジが加えられたものも広く認知されています。

そんな中、まる菓子は昔ながらの製法を守り、老若男女から長く愛され、どこか懐かしい味わいのベビーカステラを作ることにこだわっています。

そんな私たちのベビーカステラは、”究極のベビーカステラ”であると同時に、現代に生きる”元祖ベビーカステラ”です。

素材

まる菓子では、ベビーカステラ作りのベースとなる卵は惜しむことなくたっぷりと使用。ミックス粉などは使用せず、小麦と砂糖は最適な物を厳選して使用しています。

なお、当店のベビーカステラは素材の味がダイレクトに感じられる濃厚な味わいが特徴。そのため水は一切使用しておりません。

さらに、醤油やはちみつをはじめとする、いわゆる”よくあるベビーカステラの隠し味”はもちろん、研究開発の際に試した数多の隠し味の中から選抜した当店オリジナルの特別な隠し味を使用し、他店には真似のできない味と食感を実現しました。

製法

ベビーカステラの生地作りをする際、私たちは素材だけではなく製法にもこだわっています。

卵の泡立て具合・材料を加える順番・攪拌する強さや時間など細かい決まりがあります。どれを怠っても私たちの誇る”究極のベビーカステラ”はできません。

また、私たちは1日分の生地をまとめて仕込むことはいたしません。手間を惜しまず少量ずつ生地を仕込むことで、ロスを極限まで減らしその分をお客様に還元、さらには常に良い状態の生地をお客様に提供できるようにしております。

焼き

ベビーカステラ作りの要ともいえるのが焼きの工程です。

私たちの使用している直火の焼き機は、取り扱いが難しく熟練の技が必要になります。機械自体も非常に高価ですし、プロパンガスを大量に使用するためランニングコストも高く、手入れも煩雑で、扱うには手間も資金もかかります。

さらに、ガスを使用するために安全面の考慮や設備も欠かすことができませんし、安全面をしっかり考慮していたとしても出店できない場所も多く、商売としてみたときには近ごろ流通している電気の焼き機には劣ります。

しかし、『お客様に昔ながらのなつかしさが残る美味しいベビーカステラをぜひご賞味いただきたい』『自分たちの美味しいと思えるものしかお客様に提供したくない』という想いから、直火の焼き機で丁寧に真心込めて焼き上げています。

直火の焼き機でしか味わえない美味しさをぜひご賞味くださいませ!

いつでも焼きたてをご提供

まる菓子のこだわりは、ベビーカステラ作りだけにとどまりません。

私たちはお客様がご希望される限りは必ず”焼きたて”をご提供します。

焼きたてのベビーカステラの美味しさを味わえるのは、焼いてから3分以内であると私たちは考えております。

そのため、お店に足を運んでくださったお客様には、原則、作り置きしたものはお渡しせず、ご注文を承ってからベビーカステラをお焼きします。

少々お時間を頂くこととなりますが、どうかご了承くださいませ。